【Fallout3】日本語化からModOrganizerでのMOD導入の下準備まで

2015年のSteamサマーセールでは FallOut3 GOTY を買いました。
冒険を始める前に環境を整えようとして数日掛かかるというのはPCゲーでは実にありがちです。

このあたりまでをとりあえず忘れないように記録しておきます。
環境は Windows7 64bit です。

MODの導入には様々なツールがありますが、今回使用したMOがイチオシです。スカイリム用に開発されたものですが、FO3でも同様に使うことができます。特徴などは後で説明するとして、MOがあればBOSS(MOD適用順の並び替えを行ってくれるツール)も必要ありませんし、「ArchiveInvalidation Invalidated」も簡単に済みます。

SteamからFallout3をインストールした後は、ひとまず一度起動させておきましょう。

また、Windowsに以下の2つがインストールされている必要がありますので、コントロールパネル→プログラムから確認し、入っていない場合はリンク先からDL→インストールしておきましょう。

Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86) → Fallout3は32bitのゲームなので×86を入れます
Microsoft Core XML Services (MSXML) 6.0 → リンク先の msxml6_x64.msi

Fallout3の日本語化、およびFOSEの導入
1.必要なファイルのDL

有志の方が作成してくださった『日本語化プロジェクト』を有難く使わせて頂きます。
下記リンク先が倉庫のようなものです。

Fallout 3 DLC日本語化プロジェクト

日本語化の方法は多くのサイトやブログで紹介されていますが、今回は「日本語化プロジェクト」の中で見つけた Steam_Fallout3GotY_Win7_JP.zip を使わせて頂きます。

環境が全く同じなので超お手軽に日本語化が完了します。

日本語化にはFOSE(Fallout Script Extender)というスクリプトを拡張する機能の導入が必要なのですが、Steam_Fallout3GotY_Win7_JP.zip の中にFOSE用のファイルも同梱されています。

それどころか日本語化辞書も全て同梱されています。感謝。

このファイルをDLするにはパスワードが必要なのですが、そのものを書くわけにもいかないのでヒントだけ。

Fallout3 を3文字に略すなら? 略した3つの英数字を小文字で入れて認証ボタンを押して下さい。

Fallout 3 DLC日本語化プロジェクト – Steam_Fallout3GotY_Win7_JP.zip

無事DLできたら解凍します。

インストールフォルダ用マイドキュメント用readme.txt使い方.txt」の4つが入っています。

2.ファイルを配置する

インストールフォルダとは、通常であれば

C:\program Files(x86)\Steam\SteamApps\common\Fallout 3 goty

です。fallout3.exe があるフォルダがインストールフォルダです。

readme.txt を読めばすぐわかるとは思いますが、念のため説明をします。

これまでの Fallout3 の日本語化手順は、「日本語化まとめ」を入れて「FOSE」を入れて「日本語化辞書」を入れるという感じで三段階の手順を踏んでいたのですが、どの段階でもやることはインストールフォルダ内にファイルをコピーなり移動なりさせて配置するという点で同じです。

Steam_Fallout3GotY_Win7_JP.zip の中身は、それらを全て配置した状態となっています。
また、編集が必要な fojp.xml も、初めから編集済みです。

つまり全てぶち込んでしまえば即終了ということになります。

DLしてきた「インストールフォルダ用」のフォルダを開くと「Steam」→「SteamApps」と開いていきますが、Cドライブの同じ階層へ コピー or ドラッグ&ドロップ してしまえば自動でファイルが配置されます。同名ファイルが存在すれば上書きの確認を求められますが、全て上書きしましょう。

同じ階層というのが上手く言葉で説明できないので、どこに入れたらいいかわからないという方は「インストールフォルダ用」→「Steam」→「SteamApps」→「common」→「Fallout 3 goty」まで開いて、

fo3goty

この中身を全てコピーし、

C:\program Files(x86)\Steam\SteamApps\common\Fallout 3 goty

の中に貼り付けます。上書き確認をされたら上書きして下さい。
これで日本語化とFOSEの導入は完了です。

コピーできたら fose_loader.exe を右クリックから管理者として実行して下さい。

Fallout3 が起動し、スタートメニューが日本語化されていればひとまず成功です。
ついでに、メニューから「設定」→「描画」、一番下の「その他の字幕」を ON にしておくことをおすすめします。

今後はこの fose_loader.exe からゲームを立ち上げることになります。

3.初めからゲームを開始する で落ちる場合

環境により原因はいくつか考えられるようです。
以下の3つを試してみてください。

FALLOUT.INIの見直し

FALLOUT.INIでPCの性能を万遍無く使うことで改善する可能性があります。
今回の場合、Steam_Fallout3GotY_Win7_JP.zip 内のFALLOUT.INIを上書きして使えば問題無いはずです。
フルスクリーンでは起動せず、ウィンドウモードでは起動する場合はこの可能性が高いのではないかと思われます。
また、後述してあるメモリを多く使うパッチでも改善する可能性があります。

ディスプレイリンクドライバーの更新

コントロールパネルプログラムと機能の中にDisplayLink~という項目がある場合、ドライバーを最新のものにすると改善する可能性があるようです。初めから入っていない場合は、インストールしてもおそらく意味がありません。少なくとも私はそうでした。

Displaylinkのページの右上DOWNLOAD DRIVERSをクリック、Windowsの最新版を選んで更新してみてください。

Intel HD graphics Bypass package を使う

これは限定的なのですが、グラフィックにIntel HD graphicsを使っている場合起動しない不具合が起きることがあります。これを偽装するためのMOD Intel HD graphics Bypass package を導入してみてください。

Intel HD graphics Bypass packageへ行き、DOWNLOAD(MANUAL)から

fointel

download manuallyをクリックしてダウンロードします。
小さなファイルなのでアカウント登録をしていなくても落とせます。

fointel02

解凍した中にある d3d9.dll を、FO3のインストールフォルダ(Fallout3.exeのあるフォルダ)にコピーして下さい。

fose_loader.exe ではなく、FalloutLauncher.exeSteam から起動してみてください。
ランチャーのOPTIONSを見ると、GeForceなどに偽装されていると思います。

fointel03

Intel HD Graphics Family を使用しているPCで試したのが上記画像です。
おそらく近い性能なのであろうGeForce7900GSに偽装されています。

なお、自分のグラフィックが何なのかわからないという場合 Windows のスタートメニューから「ファイル名を指定して実行」というのを探して dxdiag と入力。

dxdiag

DirectX診断ツールが開きますので、ディスプレイタブから確認して下さい。

dxdiag2

名前やチップの種類のところが該当箇所です。

4.マイドキュメント用の使い途と注意点

「マイドキュメント用」フォルダの中をどんどん開いていくと FALLOUT.INI というファイルが入っています。

これはゲーム内の細かな設定を指定できるファイルで、本来作成されるファイルは「マイドキュメント」→「My Games」→「Fallout3」の中に入っています。もう随分昔に発売されたゲームですので、現代の高性能なパソコンに合わせて設定を変更したものが Steam_Fallout3GotY_Win7_JP.zip の「マイドキュメント用」の中に入っている FALLOUT.INI です。

要するにこれを上書きするだけなのですが、readme.txt にも書いてあるように

※描画はUltraになっているので、重い場合はゲームオプション設定で適当に画質を下げましょう。

大抵動くとは思いますが、各自のパソコン性能に合わせて調節しましょう。
下げるときはスタート画面の「設定」→「描画」から色々な数値を下げます。

重要なのは、この後 Mod Organizer を導入するのであれば FALLOUT.INI の場所が変わるという点です

Mod Organizer を使わないのであれば「マイドキュメント」→「My Games」→「Fallout3」の中の FALLOUT.INI を上書きでOKです。Mod Organizer を使う場合の FALLOUT.INI の場所はこちらです。

NEXUSに登録
NEXUSとは?

NEXUSはMODを登録・配布・DLできるサイトです。
Fallout3 に限らず、Skyrim や Oblivion などのMODも大量に保管されています。

各ゲームごとに分けて置いてありますが、アカウントは1つ登録しておけばどれでも使うことができます。

というわけでMODの総本山、NEXUSにアカウント登録しておきましょう。
ちなみに容量の大きなファイルや、体型変更のMODをDLするには登録必須となっています。

各所で紹介されているMODのほとんどはNEXUSにあります。

そして、このNEXUSMOは連動して使うことができます。
そりゃもう便利なので張り切って登録して下さい。

Fallout3 NEXUS
アカウント登録手順

右上の「not logged in」をクリックし、開いた小さなウィンドウから「create an account」をクリック。
移動したページの右側真ん中あたりに「REGISTER」という緑のボタンがあるのでクリック。

クリックすると The Nexus Forums に移動します。

STEP.1 Choose Package

何も選ばなくて良いので一番下まで行って「Create Account」をクリック。
有料アカウントになる必要はありません。無料の一般アカウントで必要な物は全て使えますのでご心配なく。

Step.2 Your Account

ここではご自身の情報を記入して下さい。

Username ログイン時に表示されるアカウント名はこれになります
E-mail Address メールアドレス
Password パスワード
Confirm Password パスワードを再入力
Gender 性別……Maleは男、Femaleは女です
Registration Question ランダムな質問
Security Check セキュリティチェック(表示されている英数字を入力)

ランダムに出題される質問の内容がよくわからない時は英文を丸ごとコピーして翻訳サイトで翻訳してみてください。
というかそのままググったら誰かが調べていて答えが出てくる可能性が大です。

Send me news and information  Nexusの情報がメールで送られてきます。
I’ve read and agree to the Terms of Use  利用規約を確認しましたという意味です。

メールが欲しい人はあまりいないと思いますので、上のチェックを外して下のチェックを入れると良いと思います。
そして「Create Account」をクリック。

Step.3 Confirmation

項目に問題が無ければメールが送られてきます。
メール内のリンクから認証すれば登録は完了です。

Mod Organizerの導入
Mod Organizerとは?

略してMOこと Mod Organizer とはMODの管理を容易にしてくれるツールです。
最大の特徴は元のデータに一切手を付けず、外部に作成したフォルダを起動時に読み込ませるという点です。

これによりMODのトラブルにありがちな「どのMODがエラーの原因か分からない」や「どのファイルを上書きしたのか分からない」などといった局面を簡単に打破することが可能です。やりたい放題MODを入れても ON/OFF の切り替えでいつでも初期状態に戻すことができるのですから。

このツールはスカイリム用に開発されたもののようですが、Fallout3でも同様に使用することができます。

ちなみにゲーム用語にバニラ(Vanilla)という言葉がよく使われますが、これはMODが何も入っていない素の状態の事を指して言います。バニラアイスにチョコチップなど何のトッピングもしていない状態の事を表現しているものと思われます。

下準備

まずはインストール先のフォルダを作成しておきましょう。
インストーラのデフォルトでは C:\program Files(x86) になっていますが、不具合が起きるかもしれないそうです。

おすすめはCドライブのすぐ下です。
そこへ「FO3Mod」とでも名付けたフォルダを作成しておきましょう。

C:\FO3Mod

フォルダ名は好きにして下さい。なんでも構いません。
ただ、日本語名でもいけるとは思いますがトラブル回避のために英数字を使用しておいた方が良いと思います。

MOのインストール

まずは本体をDLしましょう。DL先はスカイリム用のNEXUSからです。

Mod Organizer

画像に赤丸をしてある「DOWNLOAD(MANUAL)」をクリックします。

mo01

すると下のほうが開きます。
大体のMODはこの一番上に MAIN FILES というのがあり、それが本体です。

その下にはアップデート用のファイルや、オプション用のファイルが置いてあるのが基本です。
今回は現時点でのインストーラー付き最新版「Mod Organizer v1_3_8 installer」を使用します。
赤丸部分の「download manually」をクリックしてDLして下さい。
先ほど登録したアカウントでログインしている必要があります。

mo02

DLが終わったら右クリックから管理者として実行し、インストールしていきます。
「Handle Nexus Links」と「Startmenu Shortcut」は2つともチェックを入れておきます。

mo03

次のインストール先の選択には先に作っておいたフォルダを選択しましょう。
選択するとフォルダの中に自動で「Mod Organizer」というフォルダを作ってくれます。

mo04

インストールします。
完了したら起動します、初回は何のゲームに使用するかを選択します。

下記画像では Fallout3 しか表示されていませんが、スカイリムや Fallout NV がインストールされていれば選択肢として出てきます。他のゲームにもMOを使用したくなったら、別途新しくインストールします。

ここではもちろん Fallout3 を選択します。

mo05

次に、バージョンを聞かれます。
ここでは Game Of The Year を選択します。

mo06

初回なので「チュートリアルを見ますか?」と聞かれますが NO で良いです。

mo07

MOが立ち上がります。FOSEはすでに導入されているので実行ファイルとして表示されています。

初期表示は英語ですので日本語にしましょう。
赤丸の設定をクリックします。

mo08

設定を開くとすでに日本語が選択されていると思います。
そのままOKを押すと日本語化されます。

mo09

日本語化を確認したらもう一度設定を開きます。
Nexusタブで「自動ログイン」にチェックを入れ、先ほど登録したアカウント名とパスを入れます。

mo10

次に応急措置タブNMMのバージョンの部分を合わせておきます。
Nexusに行くと最新のバージョンが確認できます。

mo11

「0.55.7」となっていますので、合わせておきます。

mo12

設定が完了したらFOSEの表示のまま右にある「実行」をクリックします。
ゲームが起動してメニューが日本語になっていれば正常です。

mo13

この際、FOSEでゲームが立ち上がらない時はMOを一度閉じて、右クリックから管理者として実行してみて下さい。

MOにおける ini ファイルの設定

MOを使用する際 FALLOUT.INI はMOのインストールフォルダ内にあるものが使用されます。
この記事の手順通りですと、

C:\FO3Mod\Mod Organizer\profiles\Default

の中にある FALLOUT.INI を参照します。
「マイドキュメント」→「My Games」→「Fallout3」の中の FALLOUT.INI は無視されるので気をつけましょう。

Steam_Fallout3GotY_Win7_JP.zip の中の FALLOUT.INI を使うのであれば、MOインストールフォルダ内の ini を上書きします。

ArchiveInvalidation Invalidated について

ArchiveInvalidation Invalidated とはテクスチャをMODで書き換える際に必要となるものです。
MODを優先させるためにパスを書き換えるのですが、手動では面倒なので自動でやってもらいます。

これもMOが自動で行ってくれますが、設定をしておく必要があります。
下記画像の赤丸部分、プロファイルの設定から

mo15

Archive Invalidation 自動化 にチェックを入れるだけです。
これを忘れると体型変更MODが正しく適用されませんので必ずチェックを入れて下さい。
いわゆる「黒パンツ問題」はほぼこれが原因です。

mo16

なお、ローカル・セーブとはキャラクターごとにセーブデータを作り、例えば2キャラ作成した場合にはそれぞれで適用するMODを変えて保存しておくことができます。

1キャラだけでプレイするのであれば必要ありませんが、なかなか便利なのでチェックを入れたり、この際に新規作成で自分用データを作っておいてもいいかもしれません。

その際は新しいプロファイルが作成されますので FALLOUT.INI の設定や、ローカル・セーブArchive Invalidation 自動化 にチェックを入れることを忘れないようにしましょう。

4Gパッチ

Fallout3 は随分前にリリースされたゲームです。
当時のパソコンに合わせた設定となっており、メモリを2Gまでしか使わないようになっています。

最近のパソコンなら大体4G以上のメモリを積んでいるので、使える容量を増やしてあげます。
これによりゲームがプレイ中にクラッシュする可能性が大きく減ります。

NTcore

NTcore のサイトに行き「Download the 4GB Patch」からDLします。
解凍して出てきた 4gb_patch.exe を管理者として実行します。

Select Executable… とウィンドウが開くので、Fallout3.exeの場所を指定して開きます。
バックアップも自動で作成されますので、自分でやる必要はありません。

C:\program Files(x86)\Steam\SteamApps\common\Fallout 3 goty\Fallout3.exe

このウィンドウが出れば成功です。

mo17

同時に、Fallout3.exe.Backupが作成されています。
不具合が起きた場合はこのファイルをリネームして上書きし戻しましょう。

公式パッチと非公式パッチ

バグを取り除くパッチが公式から出て

取り切れていないバグを取り除くパッチが非公式で出ています

公式を入れることで新たなバグが出て、それを取り除くために入れた非公式で新たなバグが出るというイタチごっこ気味な感じになっていますが一応どちらも入れておきます。不具合が出るのを恐れる場合導入は止めておいて下さい。その場合、結局他のバグが出るわけですが。

Fallout 3 Wiki JP

上記のリンクはFallout3の JPWiki です。

fo3_patch

リンク先の「入手:」から Fallout3_1.7_English_US.exe をDLし、右クリックから管理者として実行しパッチを当てます。

fo3_patch2

上の画像のようにパッチが当たり、一度英語でゲームが起動しますが Exit で終了します。


次に、非公式パッチ。先に公式パッチを当てておく必要があります。
これはNEXUSに置いてあります。

Unofficial Fallout 3 Patch

DOWNLOAD(MANUAL) から Unofficial Fallout 3 Patch – Installer Versiondownload manually の方でDLします。

fo3_un_patch

これはぼちぼち容量の大きなファイルです。
DLできたら右クリックから管理者として実行してパッチを当てます。

インストールフォルダを聞かれます。
正しく選ばれているとは思いますが、一応確認して進んで下さい。

fo3_un_patch3

インストールする内容を選択します。
DLC用のものもありますので、全てチェックを入れて良いと思います。

fo3_un_patch4

次はそのまま進んで問題ありません。
非公式パッチ用に「Unofficial Fallout 3 Patch」という名前のフォルダをインストールフォルダ内に作りますけどいいですか? という意味です。

fo3_un_patch5

インストールを開始します。
量が多いので、下記画像の状態で1分くらい止まったままになりますが気長に待ちましょう。

fo3_un_patch6

最後は何もチェックを付けなくてOKです。
Finish で終了です。

fo3_un_patch7

これでMOのインストール、MOD導入の下準備までは終了です。
次の投稿では実際に基本的なMODを入れていく過程を紹介したいと思います。

【Fallout3】Mod OrganizerでFallout3に見た目変更系のMODを入れる

ではでは。


コメント

  • nanashi

    とても詳しく書いてあり助かりました
    ありがとうございます

    • こちらこそ読んで頂きありがとうございます!
      4も楽しみですねー

  • スプートニク

    最近始めた者です。導入がスムーズに出来ました。スカイリムで使用していましたが、MOは本当に便利ですね。ありがとうございます。
    現在のFOJPだとウルトラスーパーマーケットのターミナル解除でフリーズするんですね。
    スカイリムと違いこんな所が理由になるとは、勝手が違い中々まだまだ難しいです。

    • 魔の人

      お読み頂きありがとございます。不具合が元から多いゲームをさらに改造しているようなものなのでクラッシュは避けられないのかもしれませんね。次回作は公式でMOD作成ツールのようなものが出るそうなので多少マシになるのかもしれません。どちらにせよ過激なMODは非公式で出るんだろうなとは思いますが……。

  • ミュル吉

    Steamガイドに掲載されていた日本語化がどうしても出来なかったのですが、この方法でやったらすんなりと日本語化出来ました。丁寧な記事をありがとうございました。

    • 読んで頂きありがとうございます。日本語化に関してはこのzipを作ってくれた方が完璧と言うより他ありません。感謝感謝です。

DISQUSコメントシステムFacebook Twitter Google などのアカウントを使用してコメントを残すことができます。
また、それらを使いたくない場合でも メールアドレスのみ でコメントが可能で、その際のアドレスはもちろん非公開です。
YouTubeTweet などはURLを貼ると自動で埋め込み表示されますし、画像をアップすることもできます。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。

Pingback & Trackback

New Post



Random