WordPressのバックアップ用プラグイン「BackWPup」の設定

WordPress › BackWPup Free – WordPress Backup Plugin « WordPress Plugins

WordPressのデータを丸ごと全てバックアップできるプラグインです。
各ファイル、画像、プラグインデータ、投稿内容のデータベースなどなどごっそり保存できます。

丸ごと全てだけではなく、残したいデータを1つ1つ設定で選ぶこともできます。

日時指定での自動バックアップや、Dropboxなどのオンラインストレージへのバックアップも可能。

New job の設定
bu

プラグインを追加するとメニューに「BackWPup」が追加されます。

「Add New job」をクリックして新規設定を開始します。

いろいろなバックアップ方法の設定が可能ですが、今回は手動でサーバ内のフォルダにバックアップを取る設定にします。



General
job Name

この設定の名称です。わかりやすければなんでもOKです。
ここでは仮に「weekly backup」と名付けることにします。

bu1

job Tasks

この設定で何をバックアップするかを選択します。
上2つは必須だと思いますが、その他は好みで選んで下さい。

以下は私の設定です。

Database backupデータベースのバックアップ
File backupファイルのバックアップ
×WordPress XML exportXMLファイルのエクスポートの有無
Installed plugins listインストールされているプラグインのリストを作る
Optimize database tablesデータベーステーブルの最適化を行ってくれます
Check database tablesデータベーステーブルの破損をチェックしてくれます

下2つの項目、データベースの最適化と破損のチェックは設定してあるとバックアップ作業時間が若干伸びます。また、ここにチェックを入れると設定項目が増えます。

Backup File Creation

Archive name

保存するファイルの名前です。そのままでOKです。

Archive Format

保存する圧縮形式です。おすすめは「Tar GZip」です。

Job Destination

バックアップの保存先を決めます。
7つの保存先を選べますが、主要な保存先は下の3つではないでしょうか。

今回はフォルダへ保存しますので「Backup to Folder」を選択します。オンラインストレージを利用したい場合は「Dropbox」や「SugarSync」を選択して下さい。

Backup to Folderサーバ上のフォルダに保存します
Backup to DropboxDropboxへ保存します
Backup to SugarSyncSugarSyncへ保存します

Log Files

Send log to e-mail address

バックアップ結果のログを送るメールアドレスを記入します。

E-Mail FROM field

メールの差出人の名前です。問題なければデフォルトのままでOKです。

Errors only

ここにチェックを入れておくと、バックアップ中にエラーが発生した時だけメールが送られて来ます。
使い始めの間はチェックを外して毎回確認をしても良いかもしれません。



Schedule
Job Schedule

Start job

バックアップを取るスケジュール設定です。

manually only手動で開始した時のみ
with WordPress cronCron(WordPress内部の時計のようなもの)で設定した時間に自動で行う
with a link ~これはよくわかりません



DB Backup
Settings for database dump

Tables to dump

バックアップを取るテーブルを選択できます。特に変更がなければ「wp_」で始まるテーブル全てにチェックを入れておきます。

Maintenance mode

バックアップ作業中にWordPressをメンテナンスモードにするか選ぶことができます。
私はここにはチェックを入れていません。

Dumpfile name

バックアップしたデータベースの名前を決めておくことができます。
わかりやすい名前に変更しておきましょう。

Dumpfile compression

バックアップの圧縮をするかしないかの選択です。
GZip圧縮がおすすめです。



Files
Folders to backup

バックアップするフォルダ、バックアップしないフォルダを選びます。

・Backup root folder
・Backup content folder
・Backup plugins
・Backup themes
・Backup uploads folder

上記の5項目がありますが、基本的に5項目それぞれの一番上にはチェックを入れておきます。
その上で、各項目の中で除外(Exclude:)したいフォルダにもチェックを入れます。

除外するフォルダですが、キャッシュ系のフォルダは除外したほうが良いと思います。
キャッシュ系のフォルダは容量が多かったり、名前が長いためエラーが出やすいからです。

私の場合、
・Backup content folder の「cache」
・Backup plugins の「mo-cache」と「wp-file-cache」
を除外しています。

Extra folders to backup

上記以外にバックアップを残したいフォルダがあればここへ絶対パスで指定します。改行か「,」を挟むことで複数指定できます。

Exclude from backup

Thumbnails in uploads

アップロードフォルダのサムネイルをバックアップする。
私はチェックを入れていません。

Exclude files/folders from backup

「.DS_Store,.git,.svn,.tmp,desktop.ini」を記入しておきます。

Special option

Include special files

「wp-config.php」ファイルなどのバックアップ。
ここにはチェックを入れてバックアップを取っています。



Plugins

Plugin list file name

プラグインリストを作成する場合のファイル名です。
そのままで大丈夫です。

File compression

上記ファイルの圧縮ですが、ただのテキストファイルなので私は「none」にしています。



DB Optimize

「General」の項目で「Optimize database tables」にチェックを入れた場合にのみ設定する項目です。バックアップのついでに最適化を行ってくれる機能です。

Settings for database optimization

WordPress tables only

最適化するテーブルはワードプレスのテーブルのみにする。
私はチェックを入れておきました。

Maintenance mode

最適化作業中にワードプレスをメンテナンスモードにする。
私はチェックを入れていません。

Table types to optimize

最適化するテーブル。どちらもチェックを入れておきます。



DB Check

「General」の項目で「Check database tables」にチェックを入れた場合にのみ設定する項目です。データベースの破損をチェックしてくれます。

Settings for database check

WordPress tables only

ワードプレステーブルのみチェックする。
チェックを入れておきます。

Maintenance mode

チェック時にメンテナンスモードにする。
私はチェックを入れていません。

Repair

破損したテーブルを発見した際に修復を試みる。
チェックを入れておきます。



To: Folder

「General」の項目で「Backup to Folder」を選んだ場合に設定する項目です。
「Dropbox」や「SugarSync」を選んだ場合もここで個別に設定することになります。

Backup settings

Folder to store backups in

バックアップを保存するフォルダへのパスです。
デフォルトでは「wp-content」内の「uploards」の中に「backwpup~」という名前のフォルダが作られるようになっているので基本的に変更の必要はありません。WordPressに問題が発生し、バックアップデータが必要になった際はこのフォルダからバックアップを取り出すことになります。

File Deletion

バックアップを何世代保存しておくかの設定です。
3世代ほど残しておけば十分ではないでしょうか。


バックアップを取る

バックアップの取り方です。
メニューから「jobs」を選びます。

bu3

先ほど作成した「job=weekly backup」が表示されています。
マウスカーソルを近づけると項目が出てきます。

bu4

Run now」をクリックすると自動でバックアップが始まります。

バックアップ作業の時間はまちまちですが、50M程のデータで1~2分程です。
長い時間待ってエラーが出ることもありますので、その際は連続でバックアップを取り直してみてください。

問題無く作業が終了すれば「Done!」と表示され[SUCCESSFUL]という log がメールで届きます。
一方、なにか問題が起きれば[WARNING]という log がメールで届き、問題のある部分をハイライトで教えてくれます。


今回は手動での全データバックアップ設定を行いましたが全データのバックアップは月一度などと決めて、毎日や週一回のバックアップでは残す内容を減らしてみたりと幾つかの「job」を設定し使い分けるのが効果的です。

もしサーバが完全に壊れてしまった場合、今回のバックアップ方法ではデータが取り出せません。しかし、Dropboxなどのオンラインストレージにバックアップが取ってあればデータを隔離しておけるので比較的容易に復旧が可能です。


コメント

 DISQUSコメントシステムとは?
DISQUSコメントシステムFacebook Twitter Google などのアカウントを使用してコメントを残すことができます。
また、それらを使いたくない場合でも メールアドレスのみ でコメントが可能で、その際のアドレスはもちろん非公開です。
YouTubeTweet などはURLを貼ると自動で埋め込み表示されますし、画像をアップすることもできます。
お気軽にコメント頂けると嬉しいです。

New Post



Random


CLOSE