GoogleWebフォントの「はんなり明朝」や「Quicksand」を試してみる

この記事は、数種類のフォントを読み込むため表示が遅いかもしれません。
また、「はんなり明朝」が目的で訪れた方はこちらから一気に該当箇所へ移動できます。

Google Web Fonts

従来、フォントは読み手のデバイスにインストールされているものに依存します。
それに対抗するために、サーバ上にフォント本体を置いて読み手にそれを読み込ませて使うのがWebフォントです。

自分のサーバにアップロードしておいて使うのが一般的なやり方でしたが、いつの頃からかGoogleがフォントの収集を始め、Googleのサーバから直接読み込んで使えるという楽な仕組みを作ってくれました。

それがGoogleWebフォントです。

続きを読む

Webフォントの使い方 【 例:はんなり明朝 】

いつの間にかGoogleWebフォントで取り扱われているようです。(2017年3月30日に気が付きました)
GoogleWebフォントの導入方法などは下記にまとめています。
GoogleWebフォントの「はんなり明朝」や「Quicksand」を試してみる

ここ「魔ッドアングラー」のようなブログやWebサイト上で使われている文字は「タイトルにはこのフォントを使う」とか「記事本文にはこのフォントを使う」といった具合に、作成者の好みで色々なフォントが指定されています。

フォントには多くの種類が存在するのですが、サイトの作成者側が<特定のフォント>を指定しても読む側のデバイス(PCでもスマホでもiPadでも、というよりOSの問題なのでWindowsでもMacOSでもAndroidでもその他なんでも)の中に指定された<特定のフォント>があらかじめインストールされていないと文字に変化は起こりません。

続きを読む

New Post



Random


CLOSE